貯水槽清掃について

有効容量が10立方メートルを超える貯水槽は、水道法により年に1回以上の定期的な清掃や点検を行うことが義務付けられています。
有効容量が10立方メートルに満たない貯水槽は、点検・清掃が怠りがちになってしまいます。
清掃を怠ると水質は悪化し、飲料水の場合は健康を害する恐れがあります。 また、槽内の破損は放置しておきますと、故障等のトラブルに発展する可能性があります。 健康・安全の為、法律の義務に関わらず、貯水槽の定期的なメンテナンスをおすすめします。

※以下 千葉県HP「小規模貯水槽水道(10立方メートル以下)の適正管理について」より引用

  1. 設置者は、管理責任者を定め、給水設備に関する構造図・系統図等を整備保管すること。
  2. 受水槽等で貯留される間に塩素剤が消費され、給水栓末端で残留塩素が確認されないことがあるので、必要に応じて、再塩素消毒設備の設置等の措置をとり、常時給水栓末端で遊離残留塩素を0.1mg/L以上保持すること。
  3. 受水槽や高置水槽及びその周辺を定期的に点検し、亀裂等を発見したときはすみやかに補修・改善すること。
  4. 受水槽や高置水槽などは1年に1回定期的に清掃するとともに、水あかや沈殿物が多い場合、及び汚染があった場合は随時清掃し、消毒すること。
  5. 給水栓の水に異常を感じたときは、必要な水質検査を行うこと。日常的に水の外観検査に注意し、水の色、濁り、臭い、味に異常を感じたときは速やかに水質検査を行うこと。

施工例

定期的に清掃をしていても、1年経てば水垢などが溜まります。
写真は毎年清掃を実施している施設の清掃例です。


床面清掃前

床面清掃中

床面清掃後

壁面清掃前

壁面清掃

壁面清掃後